GFU

所在地    岐阜県岐阜市  

建築設計者  NIIZEKI STUDIO

構造設計者  山田憲明構造設計事務所

       山田憲明

施工者    安田建設工業

建物規模   延床面積 120.89㎡

       階数   地上2階

主要用途   一戸建て住宅

主要構造   RC造+木造、直接基礎

竣工     2012年

掲載     新建築住宅特集2014年1月号

       ヤマダの木構造

​       建築技藝

大屋根と基礎立ち上がりを活かした無壁空間​

 古い瓦屋根の建物が並ぶ街並みの一角に建てられた住宅。間口が狭く奥行きが大きい敷地や周りの風景に合わせて、切妻の5寸勾配瓦屋根がゆるやかに架け渡されている。内部は5.46×18.2mの無柱空間となっている。

 向い合わせのコの字型RC独立壁の上に、柱60×120と母屋60×270で構成する門型フレームを303㎜間隔に配置して大屋根を支えている。大屋根面に構造用合板(t=24㎜)を貼って強固にし、地震や風によって大屋根や妻壁に生じる水平力を全てRC独立壁まで伝達させている。棟付近で細長比が過大になる長柱は、サッシ継目位置でL-30×30×3を桁行方向に流して軒桁付近の短柱に繋ぎ、更に柱脚部に合板足固めを入れることによって座屈を抑えている。