長府製作所記念館 蛍遊苑

 

所在地    山口県下関市

発注者    長府製作所

建築設計者  泉幸甫建築研究所

構造設計者  山田憲明構造設計事務所

       山田憲明 古矢渉

施工者    安成工務店

建物規模   延床面積 880㎡

       階数   地上1階

主要用途   資料館 飲食店

主要構造   木造、直接基礎

竣工     2014年

掲載     新建築2014年11月号

​       建築技術2018年12月号

​       チルチンびと2014年秋号81

​受賞     グッドデザイン賞2016

樹状とアーチを組み合わせたネットワーク状の構造

 

 蛍遊苑は、下関市長府に本社を置く(株)長府製作所の記念館である。城下町の歴史的な街並みに馴染むよう瓦葺き屋根とし、定尺のスギ製材を用いた架構を化粧あらわしにしている。

 メインルームとなる多目的ホールは12m×15mの無柱空間で、越屋根のついた5寸勾配の切妻屋根が覆っている。この空間を支える架構は、3m間隔の側柱から部材が徐々に分岐・連結していくことでネットワークを形成するような、樹状とアーチを組み合わせたものになっていった。接合部は美観とコストに配慮して嵌合接合とビスを多用した方法としている。

 この架構の実現には2つの課題があった。ひとつは、接合部の複雑さによる加工と建方の難しさである。特に、部材が多方向から様々な角度で集まる接合部の3次元的なおさまりは、規矩術による手加工では墨付けと刻みが困難で、3DCADによる加工データ入力と特殊プレカット機を使用した。

 もうひとつは、木材の含水率設定と調達である。木材繊維直交方向の支圧で応力伝達させる接合部を多用しており、乾燥収縮量が与える架構全体の変形への影響が大きいため、製材の含水率15%以下に設定した。