Kamikatz Public House

 

所在地    徳島県上勝町

建築設計者  中村拓志&NAP建築設計事務所

構造設計者  山田憲明構造設計事務所

       山田憲明 古矢渉

施工者    大創

建物規模   延床面積 130.65㎡

       階数   地上1階

主要用途   醸造所

主要構造   木造、直接基礎

竣工     2015年

​掲載     ヤマダの木構造

​受賞     WAN Sustainable Buildings Award

        2016 Winner

       日本商環境設計家協会

        JCDデザイン賞2016 銀賞

       Architizer A+Awards 2017

        , Finalist in Architecture +Sustainability

ポリカーボネート耐力壁と組立柱で透明な妻壁をつくる

 徳島県上勝町に建てられた平屋のブルワリー兼店舗である。上勝町は、34種類ものごみ分別と徹底的なリサイクルによる「ゴミゼロ運動の町」として有名である。屋根は全体として低く抑えられた片流れであるが、店舗部分では北にいくにしたがって急勾配で高さを増し、北面妻壁では最高高8mにも達する。北面妻壁は幅約4.7×高さ約8.0mで、ごみ集積所から集めてきた建具をランダムにはめ込んだ人目を引く広大な1枚のスクリーンとなっている。

 この妻壁の透明性を実現するために、ポリカーボネートの耐力壁と、袖壁付き独立柱を水平耐力要素としている。ポリカーボネート耐力壁は、5㎜厚のポリカを釘やビスで軸組に留め付けて性能を発現させるものである。令46条4項や昭56建告1100号での壁倍率を取得しているものではないが、実験的研究によって性能確認がされており、壁倍率2程度を見込むことができる。袖壁付き独立柱は、バーベキューのためのベンチスペースや薪置場の袖壁状の仕切りを構造用合板両面張りの耐力壁とし、120角2本抱き合わせてビスで一体化した組立柱と組み合わせたものである。プランに合わせて両側に4つずつ、合計8つ設けている。